TradingViewで使える仮想通貨のインジケーター、APSとは?

こんにちは、りつLです。

久しぶりの記事になってしまいましたが、今回は私もバリバリ現役で使っている、TradingViewで使える仮想通貨用のインジケーターを紹介したいと思います。

APSはRSIやMACD等のいわゆる”オシレーター系インジ”ではないので、今使っているインジにプラスして使う形がオススメです。

APSって何?

APSとは『アルトパンプサーチ』の略で、ビットコインを含むアルトコイン全般で使うことが出来ます。

別名『ちんイン』とも呼ばれていて、なんだか怪しい響きですが、
この別名はおそらく開発者である

『さとちん』さんが作った『インジケーター』

ということでちんインと呼ばれているのだと思います(推測です^^;)


Twitter等で『ちんイン』という言葉を聞いたらAPSのことだと思ってくださいね。

APSはどうやって使うの?

こちらのチャートの下部がAPSで、見方はとても簡単です。

所々で棒グラフで反応が出ている箇所があります。
この反応は、簡単に言うと”近い内に大きく動くかもしれませんよ~”というシグナルになります。
実際に黄丸の反応があった後に大きく動きました。 比較的短い足でも効くのでスキャルピングの1つの指標にもできますね。

スポンサーリンク

”大きく動く可能性がある”という示唆なので、どちらに動くかは残念ながらAPSだけでは分かりません。

しかし、大きく動く可能性がある前に教えてもらえるというだけでも素晴らしくないですか?

アラートにも対応しているので、セットしておいてAPSが反応してアラートが鳴ったらチャートをチェックするという使い方もできます。

また、様々なコインに対応しているので、大きな時間足で片っ端からコインをチェックしてお宝を発見するという使い方をしている人も居ますよ!

APSの導入方法は?

APSはさとちんさんの下記のnoteから購入することができます。
購入の手順がnoteに書いてありますので、noteをよく読んでから購入してくださいね!

APSにはおまけで有用なインジがいくつか付属しているので、自分に合ったものを試してみるのも面白いです。

APSの購入はこちら↓
https://note.mu/nikochandaiou/n/n9293970f0831

気になるけどいきなり購入はな~』と迷ってしまう人は
さとちんさんのTwitterアカウントで不定期に行っている、APS無料体験を狙ってみるのはいかがでしょう?ただしいつ始まるかは分からないので、さとちんさんをフォローしてこまめにチェックするのがいいと思います。

さとちんさんのTwitterアカウント
https://twitter.com/satotin_fx

まとめ

APSは大きく動く可能性のある場所を教えてくれるありがたいインジです。始めたばかりの方が導入していきなり勝てるようになるようなものではありませんが、トレードの幅が広がることは間違いないと思いますよ。是非APSを導入して、自分に合った使い方を探してみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました