STEPNのウォレットをメタマスクやPhantomウォレットにインポートする方法

こんにちは、りつえるです。

Twitterでフォローしていただいている方はご存じだと思いますが、少し前からSTEPNを始めました。

その際にSTEPNのウォレットはスマホでしか操作できないし、ちょっと使い辛いなと思ったのでBSCではメタマスク、SolanaではPhantomウォレットで使用できないか、調べてやってみました。

今回は私の忘備録も兼ねて、STEPNウォレットをメタマスク、Phantomウォレットにインポートする方法を書いていきます。

STEPNのウォレットをインポートする

メタマスク、Phantomウォレットを新規に使い始めるとき

新規に使い始める場合は比較的簡単で、手順としては

①STEPNウォレットでシードフレーズを確認する

STEPNウォレットの歯車をタップしたら

「Backup」をタップして

「VIEW SEED PHRASE」をタップして

「PRESS AND HOLD TO REVEAL」を押しっぱなしにすると、上の1~12に単語が表示されるので、それを控えます。

 

②メタマスク(BSC)、Phantomウォレット(Solana)をインストールする

 

各ストアから検索してウォレットをインストールします。

 

③ウォレットを起動してシードフレーズを入力

※メタマスクやPhantomウォレットではシードフレーズは「シークレットリカバリーフレーズ」という名前です

※メタマスクの場合

メタマスクを起動したら「開始」ボタンをタップします。

その後、「シークレットリカバリーフレーズを使用してインポートする」を選びます。
(セキュリティの関係でスクショが取れませんでした)

 

次の画面でSTEPNウォレットのシードフレーズとメタマスクを開く際のパスワードを入力してインポートします。

スポンサーリンク
※Phantomウォレットの場合

Phantomウォレットを立ち上げたら、「すでにウォレットを持っています」を選択

デバイスの認証を使うかどうかを選択したら次へをタップ

 

STEPNで確認したシードフレーズを入力してインポートします。

(フレーズを間違えた場合は先に進めません)

 

以上の手順で現在使っているSTEPNウォレットをメタマスク、Phantomウォレットでも使えるようになります。勿論今までと同様、STEPNウォレットでも管理することができます。

注意点:メタマスクではBSCのSTEPNウォレット、PhantomウォレットではSolanaのSTEPNウォレットしかインポートできません。

メタマスク、Phantomウォレットをすでに使っているとき

こちらの場合は少々手間がかかります。

メタマスクやPhantomウォレットをすでに使っている状態で、STEPNウォレットのシードフレーズをそのままインポートすることはできません。

既に使っている状態でインポートをするにはシードフレーズではなく、秘密鍵というものをインポートする必要があるのですが、STEPNウォレットでは秘密鍵をエクスポートすることができないのです。

ちなみに秘密鍵はウォレットのアカウント1個単位、シードフレーズは登録されているウォレット丸ごとインポートされるので、すでにウォレットが作ってある場合は新たにウォレットをインポートすることができず、秘密鍵でアカウント単位でインポートしていくしかないということです。

なので手順は

①STEPNウォレットでシードフレーズを確認する

②メタマスク、Phantomウォレットを使っていないPCやスマホにメタマスク、Phantomウォレットをインストールして、一旦STEPNウォレットのシードフレーズをインポートする。

③メタマスク、Phantomウォレットで秘密鍵をエクスポートする

④すでに使っているメタマスク、Phantomウォレットに秘密鍵をインポートする

 

という流れになります。

今使っている端末のメタマスク、Phantomウォレットのシードフレーズ、秘密鍵のバックアップを取ってからアプリをリセットして、新たにSTEPNウォレットをインポートする方法もありますが、一旦ウォレットデータを消すことになるので、個人的にはオススメしません。(残高は無くなりませんが)

最後に

メタマスク、PhantomウォレットにSTEPNウォレットをインポートするのは、DEXで簡単にスワップしたり管理がしやすくなるので便利です。

しかし注意点もあって、5月14日にはQuickswap等の一部DEXでHPが改ざんされ、ウォレットを接続してスワップを行うと資金が無くなるといった被害がでてしまいました。
(今回PancakeSwapは大丈夫でした)

DEXを使う時はDEX公式のSNS等で何かトラブルは起きていないか、確認してから使うことを推奨します。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました